A.P.S.音楽講師評価システム

A.P.S.音楽講師評価システムは、楽器や声楽を学ぶ学生・生徒・またはその保護者が、音楽講師個人を評価し、それを数値で表すシステムです。評価対象は、音楽大学、音楽学校、音楽専門高校、音楽教室、または個人音楽教室に於いて、楽器や声楽のレッスンを行う音楽講師です。学校音楽教師は対象とはしておりません。 A.P.S.音楽講師評価システムは、教育機関のシステムや方針を評価するものではなく、学生・生徒・保護者による「講師個人」の評価をお伝えします。記入者は匿名となりますので、名前の欄はございません。詳しくは次のサイトをご覧下さい。http://arayu8.web.fc2.com/evaluation.html
下の質問に沿ってお進み下さい。
1.あなたは次のどちらに該当しますか? *
自主的に講師を評価するため、支払い(一件1,000円)に同意する学生・生徒・保護者
教育機関や講師自身が支払い(一件1,000円)に同意し、評価を依頼された学生・生徒・保護者
お支払いにつきましては、PayPalを通してご指定のメールアドレスへ請求が行きます。
2.記入者(学生・生徒・保護者)のメールアドレス *
 ミス防止の為
 2回入力をお願いいたします。
メールアドレスは評価送信先へは伝わりませんが、当システムの管理上必要になります。
3.講師の所属する音楽教育機関の都道府県 *
4.講師の所属する音楽教育機関の市区町村 *
5.評価結果の提出先「音楽教育機関名」(音楽大学、音楽学校、音楽専門高校、音楽教室、個人教室等) *
個人教室等で特に教室名が無い場合、講師名をご記入下さい。
6.評価対象の講師名 *
7.評価の送信先メールアドレス *
・依頼教育機関または担当者のメールアドレス
・講師自身が依頼者の場合はそのメールアドレス
8.料金の請求先メールアドレス (料金はPayPalを通してこのメールアドレス宛へ請求されます) *
2.(評価する学生・生徒・保護者のメールアドレス)と同じ
7.(評価の送信先メールアドレス)と同じ

下記の60事項に関して5段階で評価して下さい。最も当てはまる場合が5、最もそうでない場合が1です。該当しない場合は無記入でお願いします。評価の公正さを確保するため、もし回答数が30未満の場合、評価の対象外といたします。

講師の知識
1.音楽に関する深い知識や理解があり、指導用教材を適切に扱う能力がある
54321
2.学生・生徒の能力に対する理解があり、それによってレッスンを計画的に行っている
54321
3.歴史、社会科学、芸術等、多様な知識に基づいたレッスンを行っている
54321
4.視聴覚・録音設備等を使ってレッスンを行っている
54321
5.講師の知識が日本の音楽教育の水準に達している
54321

講師の指導技術
6.学生・生徒の数に関わらず、教室施設、指導技術、指導教材、を効果的に使っている
54321
7.全ての学生・生徒に対しても高度な演奏技術を教えることができる
54321
8.効果的な音楽教育のため、レッスン時間を無駄なく最大限有効に使っている
54321
9.わかりやすくポイントをおさえた説明ができる
54321
10.教育的・音楽的な目的のため、注意深く学生・生徒の成長やレッスン態度などを観察し、必要に応じて柔軟に対応している
54321
11.学習へのチャレンジがどのようなものかを明確に示し、レッスンにおける様々な問題が解決できる
54321
12.抽象的な表現を避け、わかりやすく説明するために、たとえ話を交える等の工夫ができる
54321
13.宿題が明確に示され、次のレッスンまでに学生・生徒が何を準備するかの説明がある
54321
14.学生・生徒の問題解決のため、適切な指示・指導ができる
54321
15.学生・生徒に質問の機会を十分に与えている
54321
16.初見演奏を含む「楽譜の読み方」をわかりやすく効果的・体系的に教えることができる
54321
17.音楽理論(楽典)をわかりやすく教えることができる
54321
18.主観ではなく、学術的・論理的な説明を学生・生徒のレベルに合わせてすることができる
54321

講師の音楽能力
19.声や楽器で手本を示すことができる
54321
20.鍵盤で簡単な伴奏付けができる
54321
21.専門の楽器の優れた演奏能力を示すことができる (声楽の場合は歌唱能力)
54321
22.簡単な指揮ができる
54321
23.レッスンや演奏で講師自身の音楽表現を見せたり聞かせたりできる
54321
24.大人と子供の、学習能力の違いに対する理解がある
54321

講師の計画性
25.学生・生徒に合わせたレッスンプランを作っている (考えている)
54321
26.それぞれの学生・生徒の向かうべきゴールと、そこに至るまでのプロセスを示している
54321
27.レッスンの進行速度に柔軟性を持たせている
54321
28.レッスンプランがそれぞれの学生・生徒に合っているかどうかを分析している
54321
29.学生・生徒の過去のレッスンと照らし合わせた上でのレッスン作りをしている
54321
30.学生・生徒に対し、レベルの高い技術、創造力、問題解決への勇気付けをしている
54321

レッスン環境
31.レッスン効果を最大限に出すため、講師は正しい教材等の準備を行っている
54321
32.継続的な学習のため、学生・生徒の学習態度の基準を示し、肯定的な姿勢でレッスンに臨んでいる
54321
33.それぞれの課題の意義とゴールを示している
54321
34.学生・生徒の学習進行状態を肯定的に分析・表現・伝達し、学生・生徒を勇気づけている
54321
35.講師から学生・生徒への質問を通して、学生・生徒の自発的な発見を促している
54321
36.レッスンを行う上で、学生・生徒の上達を妨げると思われる内的・外的環境を意識している
54321
37.講師がレッスンを通じて学生・生徒から受けた印象を肯定的に表現・伝達している
54321
38.謙虚な態度で学生・生徒を迎え入れている
54321
39.講師は、電話・来客・育児等によるレッスンの中断を最小限に抑えている努力がみられる
54321
40.講師はレッスン時間を効率良く使い、特別な理由もなくレッスンを短縮することが無い
54321

プロとして
41.学生・生徒との関係を肯定的、教育的、かつ適切に保っている
54321
42.親しみやすく、自制的、柔軟で、かつ学生・生徒・保護者を尊重することができる
54321
43.指導する責任を理解し、リーダーシップを示している
54321
44.プロであることの意識を基に、より良い人間関係を構築している
54321
45.音楽教育に対して探究心を持っている
54321
46.講師自身が成長志向である
54321
47.最新の情報、研究、教材をレッスンに役立てている
54321
48.正しい文法に基づく正しい言語を使い、はっきりと喋ることができる
54321
49.正しい文章・表現で、連絡・レッスンプラン等を書くことができる
54321
50.講師は自らの感情を制御できる
54321
51.学生・生徒・保護者のプライバシーを守る
54321
52.教育機関の規約を尊重し遵守している
54321
53.学生・生徒・保護者の意見・考え方などに耳を傾ける
54321
54.保護者へもレッスンに関する指導や提言をすることができる
54321
55.講師であることを自ら権威づけしていない(威張っていない)
54321
56.レッスンを行うにあたり、誠心誠意尽くしており、嘘を言わない
54321
57.人間的な温かみが感じられる
54321
58.言葉遣いが丁寧である
54321
59.学生・生徒・保護者の自尊心を傷つけるような発言をしない
54321
60.明るく楽しいレッスンとなるよう心がけている
54321

所属音楽教育機関や講師へのご意見、ご要望、またはレッスンへのご感想等をご自由にお書き下さい。もし個人が特定できるような内容を書かれた場合でもそのまま報告されますのでご注意ください。

お疲れ様でした。記入者の個人情報、音楽教育機関名、講師名、メールアドレス等、A.P.S.音楽講師評価システムが得た情報が外部に漏れることはございません。ありがとうございました。
スコア=得点の合計÷評価済み項目数

スコア        評価
4.50点〜5.00点:  A
4.00点〜4.49点:  B
3.50点〜3.99点:  C
3.00点〜3.49点:  D
1.00点〜2.99点:  F (Fail: 著しく講師の資質に欠ける)
注意: この評価はあくまで個人の主観によるもので100%信頼でき得るものではありません。被評価者様にとりましては複数の評価を得た上で総合的に判断されることを強くお勧めいたします。
A.P.S.音楽講師評価システムへのお問い合わせ・ご意見は、専用メールフォームよりご送信下さい。http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P27871980
Copyright (C) 2008 Araya Piano Studio. All Rights Reserved.